スタッフブログ

ホームスタッフブログ齋藤 正哲

節分

こんにちは、シンラインの齋藤です。

今年は2月2日が節分でしたね。テレビやラジオなど色々なところで繰り返し言われていたように、
去年までは2月3日というのが当たり前のようになっていましたが、今年は違いました。
1897年以来で、なんと124年ぶりのことだそうです。

でも、「2月3日以外の節分」はもう少し近い過去にもありました。
回りくどい言い方をしてしまいましたが、2月4日が節分だったのが1984年、37年前のことでした。

そんなニュースに感化され、ちょっと節分について調べてみました。

そもそも節分とは何でしょうか?
これは単純に「立春の前日」ということです。
明日から春ですよ、「季節を分ける日」ですよという意味ですね。
本来は、立春だけでなく立夏・立秋・立冬の前日も「節分」だったのですが、江戸時代ごろから立春の前日だけを指す言葉になったようです。
「春の始まりの日の前日=年越しの日」ということで特別扱いされるようになったのでしょうか?

では、立春とは何でしょうか?
これは、地球から見た太陽の位置が立春点というところに来た日ですが、天文学においては立春点に来た「瞬間」なんだそうです。
そして、地球の公転周期はよく知られているように、365日ではなく約365.25日で、これを調整するためにほぼ4年に1回うるう年を366日とすることで、暦と太陽の位置がずれないようにしています。
しかし、さらに正確に言うと、約365.2422日のため、うるう年で調整しても毎年数分ずつずれるそうです。
そのため、立春点の時間も少しずつ早まってきて、ついに今年は2月3日23時59分となり、立春が3日、節分が2日になったのです。

来年は立春点が約6時間遅くなるため、立春が4日、節分が3日に戻りますが、4年後の2025年には再び立春が3日、節分が2日となります。
このようにしばらく(2057年まで)は4年に1度2日が節分というサイクルが続き、2058年には2年連続となるそうです。

暦って面白いです。同じ理由で春分や秋分も日がずれるので、こちらは祝日に影響します。
カレンダーをチェックしておかないと、「あら、休みと思っていたのに違った」なんてことになりかねませんね。


さて、節分といえばやっぱり恵方巻と豆まきですよね。
我が家でもおいしく恵方巻をいただきました。思いっきり笑顔で食べる瞬間の写真を撮ってもらったら、ものすごい変顔になってしまいました。


豆まきは、後片付けの手間を省くためと猫が食べてしまわないように、小分けされたのものにして、小袋のまま投げる方式にしました。
何度も拾っては投げ拾っては投げしたので、粉々になってしまったものもありましたが、こちらもおいしくいただきました。



ヘアドネーション

イメージ画像

こんにちは、シンラインの齋藤です。 「ヘアドネーション」という言葉、聞いたことありますか? 病気の治療や薬の副作用などにより医療用ウィッグ(かつら)を必要とする子供たちがいます。 でも医療用ウィッグは...続きを見る

地元の味

イメージ画像

こんにちは、シンラインの齋藤です。 私の出身は神奈川県の厚木市ですが、先日、地元に住む母が美味しいものを送ってくれました。 厚木ハムのソーセージ詰め合わせ。 本場ドイツのコンテストで何度も受賞歴のある...続きを見る

屋島山上に行ってきました

イメージ画像

こんにちは、シンラインの齋藤です。 今年も残り1ヶ月を切り、街を走る車が増えるなど、 慌ただしい雰囲気があちらこちらで感じられるようになってきましたね。 先週から交通安全運動が始まっていますが、皆様も...続きを見る

夏休みが終わりました

イメージ画像

夏休みが終わり、子供たちはちゃんと朝起きて学校に行けるか多少の不安もありましたが、 我が家の娘たち(小6と小3)は元気に登校しています。 夏休みと言えば、私も約1週間の休みをいただき、家族旅行に行っ...続きを見る