スタッフブログ

ホームスタッフブログ齋藤 正哲

鏡開き

こんにちは、シンラインの齋藤です。

1月11日は鏡開きの日でした。
鏡開きと言えば、鏡餅を開いて食べる日ですね。私は餅大好き甘いもの大好きなので、当然ながら鏡開きは大好きな日です。
弊社でも、ちょうど11日が社内ミーティングの日で、ミーティング後に全員でぜんざいをいただきました。
ぜんざいや汁粉が多いと思いますが、地方や家庭によっては雑煮や揚げ餅にして食べることもあるそうです。



さて、色んなものの起源が気になる性格なので、ここで鏡開きの起源について調べてみました。

まず、鏡餅とは何かというと、お正月にお迎えした年神様が宿るところとして、丸い餅を鏡に見立てて飾るものだそうです。
なぜ鏡に見立てるかというと、鏡には神様が宿るものとされており、実際に多くの神社ではご神体として鏡が祀られています。
鏡を見るとそこには自分(=我<ガ>)が映る、
「カミ」の中に「ガ」を映すもの、
だから鏡(カ・ガ・ミ)には神様が宿っているのだという話を聞いたことがあります。

そして、お正月が終わると(=神様が帰ってしまうと)、神様の宿っていたその餅を食べることで体内に取り込み、
無病息災などのご利益(ごりやく)を得るのが鏡開きということなのです。
神様の宿っていたものですから、刃物で切るようなことはせず、木槌で叩いて開くのが作法です。
「切る」「割る」は縁起の良くない言葉なので、「開く」と言いますね。

ところで、鏡餅だけではなく、お祝いの席で樽酒の蓋を木槌で叩いて開けるあの行事も鏡開きと言いますね。
あれも同様に、樽酒の丸い蓋を鏡と見立てて神様にお供えしたお酒を参加者でいただくということだそうです。
「お神酒あがらぬ神はなし」というくらい神様とお酒は縁が深いですからね。
コロナの影響で大規模なお祝い事がなかなかできなくなり2年程が経ちましたが、鏡開きをして笑いながらお酒を飲める、そんな日が待ち遠しいですね。


節分

イメージ画像

こんにちは、シンラインの齋藤です。 今年は2月2日が節分でしたね。テレビやラジオなど色々なところで繰り返し言われていたように、 去年までは2月3日というのが当たり前のようになっていましたが、今年は違いま...続きを見る

ヘアドネーション

イメージ画像

こんにちは、シンラインの齋藤です。 「ヘアドネーション」という言葉、聞いたことありますか? 病気の治療や薬の副作用などにより医療用ウィッグ(かつら)を必要とする子供たちがいます。 でも医療用ウィッグは...続きを見る

地元の味

イメージ画像

こんにちは、シンラインの齋藤です。 私の出身は神奈川県の厚木市ですが、先日、地元に住む母が美味しいものを送ってくれました。 厚木ハムのソーセージ詰め合わせ。 本場ドイツのコンテストで何度も受賞歴のある...続きを見る

屋島山上に行ってきました

イメージ画像

こんにちは、シンラインの齋藤です。 今年も残り1ヶ月を切り、街を走る車が増えるなど、 慌ただしい雰囲気があちらこちらで感じられるようになってきましたね。 先週から交通安全運動が始まっていますが、皆様も...続きを見る

夏休みが終わりました

イメージ画像

夏休みが終わり、子供たちはちゃんと朝起きて学校に行けるか多少の不安もありましたが、 我が家の娘たち(小6と小3)は元気に登校しています。 夏休みと言えば、私も約1週間の休みをいただき、家族旅行に行っ...続きを見る