スタッフブログ

ホームスタッフブログ齋藤 正哲ヘアドネーション

ヘアドネーション

こんにちは、シンラインの齋藤です。

「ヘアドネーション」という言葉、聞いたことありますか?
病気の治療や薬の副作用などにより医療用ウィッグ(かつら)を必要とする子供たちがいます。
でも医療用ウィッグはとても高価です。
そんな子供たちに無償提供するため、その材料となる髪の毛を寄付すること、それがヘアドネーションです。

私が知ったのは確か1年ほど前だったかと思います。
「世界一髪の毛の長いティーンエイジャー」としてギネス記録を持つ女性が、
その世界一長い髪の毛を切って寄付したというニュースでした。
他にも、多くの有名人が寄付してSNS等で広めているようですね。
そういったニュースによって、少しずつ認知されてきているみたいです。


で、ヘアドネーションしてきました。


・・・いや、私じゃないです。私はかなり短髪ですからさすがに無理です。
私の娘が数年かけて伸ばした髪を切って寄付したいと言ったので、一緒に美容院に行って切ってもらいました。
行きつけの美容院では時々しているようで、予約の時にヘアドネーション希望と伝えておいたら、手慣れた感じで対応してくれました。



寄付できる髪の毛の条件は受け付けている団体によって違いますが、今回寄付したJHD&C(ジャーダック)では31㎝以上でした。
娘は十分な長さがありますが、少し長めに残したいとのことなので、ギリギリ31㎝切ってもらいます。



髪の毛の束が大きいと郵送中にバラバラになってしまいます。
そうならないよう小さめの束にするので、小分けにしてゴムでしっかりと縛ります。



縛ったところの少し上で切ります。



バッサリといきました。スッキリしたようで、ニッコリです。

あとは郵送して終了です。


今回、娘から寄付したいと唐突に言われたのですが、実はかなり以前から希望して計画していたようです。
そう言われて思い出してみれば、以前は風呂上がりでも何も手入れしないまま寝て、朝にはボサボサだったのが、いつからか丁寧にドライヤーやヘアブラシで手入れするようになっていました。
でも勘の鈍い父親である私は、最初に気づいた時も単にお洒落に気を遣うようになったんだな、程度にしか思ってなかったです。
その頃からこの日のことを考えていたんだなと、我が子ながら立派なものだと感心しました。

娘の思いが、病気の子供たちに少しでも届きますように。
 
 


一覧に戻る

最近の記事

  • イメージ画像
    2020年10月10日
    新しい生活様式
    ついこの間までクーラーのお世話になっていたのに、 今朝はぐっと冷え込んで、 思わず温水で顔を洗ってしまいました。 シンラインの森です。 みなさま、お風邪な...
  • イメージ画像
    2020年09月16日
    ヘアドネーション
    こんにちは、シンラインの齋藤です。 「ヘアドネーション」という言葉、聞いたことありますか? 病気の治療や薬の副作用などにより医療用ウィッグ(かつら)を必...
  • イメージ画像
    2020年09月02日
    防災タイムライン
    こんにちは、シンライン吉田です。 9月に入りまして暑い日は相変わらず続いていますが、重ねて台風シーズンにも差し掛かってきました。 先日発生した台風10号は...
  • イメージ画像
    2020年08月31日
    お気に入りのうどん屋さんはありますか?
    こんにちは、シンラインの事務担当です。 香川県といえばうどん県。 シンライン事務所の近くにも沢山のうどん屋さんがあります。 (国安うどん・丸亀製麺・はな...
  • イメージ画像
    2020年08月24日
    初めましてっ!
    新しく7月から入社しました。シンラインの安冨です。 初めまして。 遅くなりましたが、入社のご挨拶です。 シンラインに加入するにも前も、少し保険の仕事をして...